毛穴ケア

鼻の毛穴の黒ずみをシートパックで根こそぎ取る方法

投稿日:

鼻の黒ずみをとる方法

鼻の黒ずみをとる方法はいくつかありますが、綺麗になった実感が得やすいのはなんといってもシートパックです。

はがした後に、シートパックにびっしりと角栓が並んでいると「こんなに汚かったんだ」と感じるのと同時に、気分爽快!

目で見える効果は抜群です。

そんなシートパックで鼻の毛穴の黒ずみを確実に根こそぎとる方法をお伝えします。

鼻の毛穴黒ずみの原因

鼻の黒ずみの正体

まずは、鼻の毛穴の黒ずみの正体=原因を順番に探ってみましょう。

皮脂と汚れ

皮脂が毛穴から自然に出ていくところ、何らかの原因で固まってしまうと、ぶつぶつが出来てしまいます。

また、汚れや角質と混ざり合うことでより詰まりやすくなります。

毛穴が白く目立つ場合はこれが原因と考えられます。

鼻の黒ずみ予備軍の状態です。

角栓

鼻の黒ずみ予備軍

汚れや角質と皮脂が混ざり合った毛穴のつまりが、皮膚の表面に出てくると、空気や紫外線などによって酸化による黒ずみが起こります。

鼻の毛穴が黒く点々になる「いちご鼻」はこの角栓が酸化が原因となります。

毛穴開きの影

肌の乾燥

水分が不足してしぼむ

毛穴がたるむ

毛穴が引っ張られるように開く

開いて凹んだ毛穴が黒い影になる

これが毛穴の開きによる黒ずみ原因です。

産毛

毛穴の奥から生える産毛は、角栓が詰まっていなければターンオーバーしてそのまま抜け落ちます。

ところが角栓が詰まっていると行き場のない産毛がそのまま一緒に詰まった状態になり、それが黒く見えてしまいます。

鼻の黒ずみがごっそり取れるシーパックの選び方

ここでは、鼻の毛穴の黒ずみをゴッソリ取るシートパックの選び方をご紹介します。

シートパックのメリットデメリット

鼻の黒ずみ対策にシートパックは絶対にダメ!という人もいます。

けれども、黒ずみが目立つけれど緊急で何とかしたいときやスペシャルケアとしてはやはり便利なアイテムです。

シートパックのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット


●吸着力が高く、ゴッソリ角栓が取れる
●取れた角栓を見るとうれしくなる

デメリット


●ケアを怠ると毛穴開きの原因になる
●皮脂を取りすぎると逆に過剰分泌の原因になる
●肌に負担がかかる

シートパックの種類

シートパックにはいくつか種類があります。

白と黒、色の違い

シートパックにはまず白色と黒いとがあります。

白色よりも黒色の方がとれた角栓を確認しやすいということで好む人も多いようです。

引き締めや保湿成分など

またゴッソリ取れた毛穴あとはぽっかりと穴があいた状態になってしまいます。

その毛穴をキュッとする成分や保湿成分・美容成分などが配合されています。

香りやシート付け替えタイプなど

他に、香りが付いたものもあります。

韓国製のシートパックは3枚のシートを付け替えるタイプも。

このあとの比較表で詳しく違いがわかるようにしましたので参考にしてください。

ピールオフや洗い流すタイプとの違い

毛穴のパックは大きく剥がすシートパック・ピールオフタイプと洗い流すタイプとに分けられます。

シートパック ピールオフタイプ 洗い流すタイプ
使い方 水で塗らした鼻にシートを貼って剥がす 塗って剥がす 塗って洗い流す
優れた点 吸着力が高く角栓をゴッソリ ソフトに剥がせる 肌にやさしい
イマイチな点 肌への負担がある 時間がかかり、剥がしにくい 成果がわかりにくい

吸着力が高いのは圧倒的にシートマスクです。

ただその分肌への負担がかかってしまいます。

鼻のブツブツの黒ずみが気になって仕方がない時の緊急処置や数週間に1度のスペシャルケアとして利用するにはピッタリです。

使用後のケアをしっかりとしておけば、毛穴開きの心配もそれほどありません。

話題のオロナインやニベアとの違い

毛穴の黒ずみ対策として、オロナインやニベアパックの話題は衰えません。

オロナインやニベアパックは、洗い流すパックに分類されます。

オロナインは、発疹・発赤、かゆみ、はれ、乾燥、ひびわれなどの皮膚疾患用の軟膏のお薬です。

角栓除去効果は絶賛されていますが、殺菌や抗菌効果で逆に肌荒れを起こす場合もあるようなので注意が必要です。

またニベアは、スクワラン、ホホバオイル配合のクリームです。

保湿性が高いので、角栓の気になる鼻に頻回の使用は毛穴つまりや肌のトラブルの原因になりこともあります。

どちらにも角栓を除去する成分は入っていません。

鼻の毛穴の黒ずみを除去!シートパックを徹底比較

日本の鼻の毛穴の黒ずみ除去シートパック5商品と、シートパックの先進国おとなり韓国の3商品を比較表にしました。

価格 美容成分 特徴 公式・購入ページ
ビオレ
毛穴すっきりパック黒タイプ

ビオレ 毛穴すっきりパック黒タイ プ
600円前後 ハマメリスエキス ロングセラーの人気商品 amazonで購入
コーセーソフティモ黒パック
500円前後 トコフェノール酢酸エステル
(ビタミンE誘導体)
薬用炭が黒ずみや角栓をしっかりと吸着 amazonで購入
ポアトルすっきりシートパック
ポアトルすっきりシートパック
500円前後 ハマメリスエキス 炭と皮脂吸収パウダーで毛穴の奥からゴッソリ! amazonで購入
さわやか毛穴黒パック(白銀製薬)
376円前後 ハマメリスエキス 炭と吸着パウダー配合。メントールの香り付きでスッキリ! amazonで購入
クリアスパー毛穴パックレギュラー
クリアスパー毛穴パックレギュラー
420円前後 カンゾウエキス、ハマメリエキス 毛穴引き締め成分配合。
無鉱物油・アルコールフリー・パラベンフリー。
amazonで購入
3ステップクリアノーズキット(韓国)
3ステップクリアノーズキット(韓国)
270円(税込) オレンジ・ライム・リンゴ・レモン・ブドウ果実エキ、セイヨウハッカ・チャ葉エキス 、ヒアルロン酸Na 毛穴の汚れを浮かす→汚れや皮脂を取り除く→肌の引き締めの3ステップキット amazonで購入
メディヒール3-ステップ ノーズ パック(韓国)
メディヒール3-ステップ ノーズ パック(韓国)
325円(税込)

20パック17,441円

不明 韓国でシェアダントツNO.1のシートマスク・パック専門ブランド。 amazonで購入
トニーモリー エッグ・ポア・ノーズ・パック
(韓国)

トニーモリー エッグ・ポア・ノーズ・パック (韓国)
400円前後 椿花、卵白 炭成分で吸着、卵成分で毛穴を引き締め。 amazonで購入

国内の鼻黒ずみ除去シートパックは、1枚で「炭のパワーで汚れを吸着」、「配合された美容成分で肌をケア」を行います。

一方韓国のシートパックは、3ステップでスッキリさせるのが特徴。

  1. 鼻の黒ずみを浮かせる
  2. 角栓を抜く
  3. 引き締め

の3ステップが常識のようです。

それぞれ所要時間は10~15分のため、時間に余裕のある時ににしかできません。

例外的に
エッグパックのみ、1枚で完結です。

シートパックで鼻の黒ずみをゴッソリ取る動画が人気

鼻の黒ずみをシートパックでとる動画が大人気なのを知っていますか?

人気の動画だと250万回以上視聴されています。

シートパックに角栓や産毛がビッチリとついているのを見るのが好きな人は少なくないのですね。

一番人気の動画です。
視聴数255万回以上、男性がシートパックを使用しています。

きちんと温めてからなど、手順もしっかりと守っています。

ビオレの毛穴のすっきりパック白タイプを使用。

ビオレの毛穴のすっきりパックの黒タイプを使用しています。

毛穴の開き具合も確かめています。

最後は、毛穴のパックで角栓を取る瞬間をドアップで撮影した動画です。

角栓だけなく、毛も一緒に取れています。

これを見ると、鼻の黒ずみのひとつの原因が産毛だということがよくわかります。

また、毛穴がぽっかりとあいてしまう様子も良くわかります。

ただし、かなりグロいので、嫌いな人は見ないでください。

シートパックで鼻の黒ずみを効果的に取るコツ

シートパックで鼻の黒ずみを効果的に取るコツ

使用頻度

角栓がびっしりついている使用後のパックシートを眺めるのが好き!という人も少なくありません。

実際毛穴の動画が沢山ありますね。

でも、実はがしているのは角栓だけではありません。

肌への負担を考えると、週1回程度に収めた方が良いようです。

花王BIORE公式ページには

毛穴に角栓がたまるサイクルに合わせ、週1回のご使用をおすすめします。

と書かれています。

ビオレ公式ページはこちら>

温めてから

洗顔後、いきなりシートパックを貼ってはいけません。

ホットタオルで毛穴の周りを柔らかくほぐすことで、肌と角栓の両方がやわらかくなります。

お風呂の湯気でほぐれた状態のお風呂上りも有効です。

オロナインやニベアを塗ってから

オロナインやニベアとシートパックを併用する方法も話題になっています。

正しい使い方ではありませんのでオススメはできませんが、毛穴の黒ずみがゴッソリとれるという声は絶えません。

上手なはがし方

シートパックは絶対に勢いよく剥がしてはいけません

シートパックは絶対に勢いよく剥がしてはいけません。

周りからゆっくりと剥がします。

また、乾燥時間は

夏:10~15分
春秋冬:5~10分

所定時間よりも長く貼ったままでいると、より肌へのダメージが心配です。

使用するシートパックの取り扱い方法を確認したうえで使用しましょう。

パック後のケア

黒ずみをシートパックで取り去った後の毛穴はぽっかり穴の開いた状態です。

これを放置してしまうと、その穴にまた汚れが溜まってしまったり、毛穴が開ききって閉じなくなってしまいます。

そのため、絶対に引き締めの化粧水をしましょう。

また、氷で引き締める方法も是非取り入れてください。

肌の上を滑らせるだけでも大丈夫ですが、コットンに氷を挟んでくるくるする「氷コットン(氷パック)」だけ。

凍らせる水は、塩素が含まれていない精製水がより肌に負担が少なくおススメです。

シートパックと一緒にしたい毛穴の黒ずみケア対策

シートパックと一緒にしたい毛穴の黒ずみケア対策

鼻の黒ずみ対策としてシートパックを利用するのは有効です。

ただ、肌への負担を考えると、最低でも週1回にとどめておくのが良さそう。

でもその間のお手入れ方法と選び方は?

クレンジング・洗顔・保湿に分けてご紹介します。

クレンジング

鼻の黒ずみのケアの第一歩、クレンジングの選び方と方法です。

クレンジングの選び方

鼻の黒ずみが気になっていると、どうしても選びがちなのが洗浄力の強いクレンジング剤。

あまりに強力なものは、肌バリアとして必要な皮脂までも落としてしまい、乾燥やそれによる過剰な皮脂分泌を引き起こしています。

汚れはしっかりと落としつつ、肌に優しいクレンジングを選んでください。

クレンジング方法

これが正しいクレンジング方法です。

  1. クレンジングする前にまずは手洗いから。
  2. アイメイクとリップメイクをポイントリムーバーで落とします。
  3. Tゾーン→頬とあご→目元口元の順にクレンジグを塗っていきます。
  4. 鼻の黒ずみの気になる人は特に指の腹を使って上下にマッサージするように汚れを落とします。
  5. すすぎは人肌の温度で。

洗顔

続いて、鼻の黒ずみを取る洗顔剤の選び方と方法

続いて、鼻の黒ずみを取る洗顔剤の選び方と方法です。

洗顔料の選び方

鼻の黒ずみを綺麗にしたい人なら絶対に泡洗顔をオススメします。

細かい泡が、毛穴に入り、汚れをスルン!っととってくれます。

また、泥に汚れを吸着するパワーがあるので、泥配合の洗顔料が人気です。

こんにゃく系(マンナン)や炭を含んだ洗顔料「くろあわわ」もおすすめ。

洗顔方法

毛穴の黒ずみが気になるなら絶対にトライしてもらいた洗顔方法です。

  1. 少しずつ水やぬるま湯を足しながらフワフワの濃密泡を作る。
  2. 鼻を含むTソーンに泡をのせて泡自体を転がすように洗っていきます。
    ゴシゴシ洗いは厳禁です。
  3. デリケートな頬や目、口元は軽く泡をあてる感じでOK。
  4. 鼻の黒ずみの気になる人は特に指の腹を使って上下にマッサージするように汚れを落とします。
  5. )ぬるま湯で丁寧に洗い流す。

泡はパックではありません。できたらトータルで1分以内にとどめましょう。

保湿

保湿

洗顔後に大切なケア、保湿をしてください。

保湿は洗顔後すぐにすることがポイント。

肌への刺激を考えると、手でしっかりと入れこむのがベストです。

鼻の黒ずみが気になる人は、比較的皮脂量が多いと思うので、さっぱり系の化粧水がおすすめ。

1度にたっぷりよりは、何回かに分けて手のひらで温めながら押し込むように浸透させてください。

そのあとは、美容液や乳液・クリームをつけます。

保湿力のあるものをたっぷりと惜しみなく使用してください。

ケチケチ使っては、乾燥によって鼻の黒ずみの改善が進みにくくなるのでここはマストです。

まとめ

鼻の黒ずみをシートパックで根こそぎとる方法、いかがでしたでしょうか?

シートパックは、他の方法に比べて目で見てその効果がわかりやすく、なかなか魅力的なケアです。

ただ、頻繁に行うのは肌の角質まで剥がしてしまったり、毛穴の開きを逆に悪化させてしまう心配もあります。

緊急処置として、気になった時や大切な日の前に行うにとどめて、普段のケアはケアでしっかりと行うのが鼻の黒ずみ対策としてはベストです。

日頃のケアとしては
クレンジング・洗顔・保湿
などがあります。

方法やおすすめアイテムを比較したページがあるので、是非参考にしてください。

おすすめスキンケアアイテム

鼻の黒いぶつぶつを綺麗に治す方法 1

Contents1 鼻のぶつぶつを綺麗に治す方法-おすすめのスキンケアアイテムはコレ1.1 ▼目次1.2 正しいスキンケアで鼻ぶつぶつを綺麗に治す1.2.1 正しいスキンケアとは1.2.2 正しいスキ ...

-毛穴ケア

Copyright© 鼻ぶつぶつ隊 , 2019 All Rights Reserved.